店舗は非日常の最先端であるべし。絨毯の効用。

お家をキレイに快適にする目的で
ホームセンターで買い物するとしたら
そのテンポがキレイで快適でオシャレでなくてはいかんよな。

と、常々思っておりましたが
新しいHCには、そうした店舗が出現してきている。

大規模店でコレができるのに
小さな身店舗で出来ないのは
即効息の根がとまっちゃうのでは?

店舗が小さいということは
隅々まで目が届き
演出が作り込めるはずなのに。

高揚感だったり
安堵感だったり
いったい、自分の店は何を感じる店なのか?

店だから・・・
といって間に合わせの什器や小物を置いてはいけない。
自分の自宅居間に置きたくないデザインを
店舗だからという理由で置いてはいけないのです。

お客は「買い物」経験値がたまり
買い物が鍛えられています。
「こんな店に住みたい」と思ってもらえないと
買い物されないか、値切られてしまいます。

お客に
「ここに住みたいわ~」
と言ってもらえていますか。

日常では財布は開かなくなりました。
非日常が財布の口をあけるのです。

非日常は面倒くさいものです。
ちょっと気を許すと雑多なものに店内は占拠されてしまいます。
お客にとっての非日常は
店にとっての面倒くささなの。
店側が便利なのはバックヤードまで。
お客の非日常で店舗をしつらえましょう。

こうした演出に一役買うのが「絨毯」です。
店舗の足元である床には結界があります。
人は誰もが床に立ってつながっているからね。
足元を見る、などという言い回しがあるくらいですから
床のしつらえも重要なのね。

私の店舗実例写真を載せます。

什器の下に絨毯をしいています。

店舗で最も嫌われている“しつらえ”は絨毯かもしれません。
掃除が面倒なことを、お客がひっかかるといけないから、と
理由をすり替えているように思えます。

歩く場所に突然絨毯があっては
こうした問題があるかもしれませんが
什器のしたなら大丈夫です。

絨毯が敷かれた什器や場所は上等感が演出できますよ。

出来れば本物が良いですが
それよりも掃除されキチンと毛並毛羽立ちまで整えてあることが大事です。
いくら本物でもくたびれていては本末転倒ですからね。

店舗入り口から見えるコーナーに
赤い絨毯をしいたことで入店率が上がった店もあります。

あなたの店舗にも絨毯を敷けるコーナーが作れないか見直してみましょう。

お店の姿勢が一発でお客に伝わる物があります。

「お店の改装をするには予算がないので
 ひとまず店内をキレイにしたいのですが」
と、よく相談されます。

お店をキレイにするのは大賛成です!
た・だ・し。
お客視線で見ることができるか?がポイントです。
むやみやたらはイケマセン。

商売の販売方法は細分化に向かい出しました。

安さがウリの店と
価格以外の価値がウリの店は
明確に、お客によって使い分けされるようになりました。
どちらが勝つとか負けるとかいう店都合ではなく
どの店を選ぶかという客都合が買い物です。

私は、価格以外の価値を売る店を経営していますし
コンサル部門では、同じスタイルの店を応援しています。
このブログでは
価格以外の価値を売る店であれば必要な「店のしつらえ」を
書き溜めていきます。

「お客を迎える店」を整えることで
★期待して来店した客をがっかりさせない
★売上につながるように、あなたの専門性を信頼度をあげる
「店のしつらえ」になります。

この「店のしつらえ」整え方
まずは、お店の姿勢をお客に知ってもらいましょう。

「価格以外の価値」にお金を使いたいと感じているお客は
買い物は店とのつきあい、だと理解しています。

あなたが異性と付き合う時にどちらと付き合いたいですか?
A:俺は腕時計は〇〇で車は〇〇、家は〇〇で親は〇〇だぜ!
B:今日の髪形いいね、似合ってる^^ ランチは何が食べたい?

物の価格だけにお金を払う客をあつめるならA
価格以外の価値まで含めお金を払う客をあつめるならB

私はBの客が欲しいです。
だから、商品よりも客を大切にします、と
まだ店には行ったことがないけれど店を気にしてくれている人に
「当店は人を主役にしますよ」とアピールします。

何も言わなくても、ある物を店頭に置いておくと
「この店は客という人が主役の店ですよ」と伝わります。

それは・・・
ベンチです。椅子です。

椅子は、椅子そのものは主役ではなく、座る人が主役です。
だから椅子があるのは親切だし、椅子の種類で店との付き合い方まで分かるのです。

お客にゆっくりして欲しい~などと言いながら
すわり心地のよい椅子がない(まったくない店舗も多いです)のは論外。
荷物を置く場所も必要ですよ。
荷物を抱えたままでは心を閉じた態勢のままですから
心を開いてもらえないからね。
椅子は、お客一人につき二つ必要。

一人営業の店舗さん。
椅子は二つしかありませんでしたが、アドバイスに従って増やしました。
現在は店内に7個あります。
ビックリしたのはお客の変化でした。

それまでは、一人のお客に対応していたら
後から来た客は待たずに帰ってしまっていましたが
椅子を増やしただけで、初対面の客同士でも仲良く椅子を勧めあい
機嫌よく順番待ちをしてくださるようになりました。
店主さんは、もっと増やしたいけど、もう置く場所がないとくやしがっています。

店頭に余裕があれば、ぜひベンチを置いてみて下さい。
お客が座るとは限りません。(というか、お客はほとんど座りません)
宅配便のお兄さんが荷物仕訳に使うくらいです。
でも、店の前を通る人には「この店はベンチに座る人を主役にするんだな」と伝わります。
一人だけ座る椅子よりも、ベンチは数人座れるから「店の包容力」を表します。

★店内では、個人にしっかり対応するという意味から一人掛けの椅子
★店頭(外)には、入っても大丈夫だよと包容力を伝えたいのでベンチ

これをウェルカム感と、私は呼びます。

お客を招く感じをださなくては
新規客は怖くて入店できません。

ベンチや椅子は、木製がベストです。
人は肌の色に近い空間では、自分を不用意に目立たせず安心を感じます。
特に日本人の肌色は木肌と一緒と言われます。

★冷たい店じゃないよ
★あなたを大切にするよ

こんな気持ちが
店頭に木製ベンチを置いておくだけで伝わるんですね。

手作りできたら最高ですが、そんな技術も暇もないよ・・・
という方は、お勧めのベンチを紹介します。

まずは店頭設置場所のサイズを測ることから初めてみませんか。

これは値段的にお手頃でいいですね。

これは木製だけよりも、支える鉄が安心感も感じさせますね。